キャッシング

限度額について

消費者金融業界はあらかじめ貸付限度を設定することで、資金需要額の多い借り手(多重債務)に対して、一度に多額の借入が出来ないよう抑制しています。

このような貸付限度額が存在しない場合と比較して、借り手は数多くの金融会社を利用してしまう傾向にあります。借りれるだけ借りてしまうのが多重債務者の性といっても過言ではないでしょう。

まずは誰しも当初のうちは低金利の大手消費者金融からスタートします。ここで限度額一杯借りてしまうと、次は準大手や中小のキャッシングローン会社で借りてしまいます。

対照的に多重債務ではない優良な利用者は、低金利の大手消費者金融でのキャッシングで十分間に合うため、高金利のサラ金には走りません。これが多重債務者と優良利用者との相違です。

したがって、約定利子率を高めに設定せざるを得ない金融会社であっても、より効率的な会社が貸付限度を設定している限り、多重債務者たちがお金を借りにくることで商売が成り立っているわけです。

貸付限度額を設定する目的

個々の借り手に対して貸付限度額を設定するのは、実際に自己破産されてしまった際の損失額を最小限に食い止めるのが目的です。

貸金業規制法には利用者の資金需要や返済能力を超えた過剰貸し付けは禁止されているものの、ネットでの簡易な審査のみで無担保フリーローンを貸し出すには、最大で50万円または年収額の10%以内が上限になっています。

限度額を上げるには/span>

借入をしてきちんと返済を履行していると、金融業者への信用も増えてきます。そうなってくると、金融業者は少しでも多く貸して利益をあげたいと思うため、限度額アップのご案内をしてきます。

その提案を了承すると、限度額が上がることとなります。もちろん、必要がなければ限度額アップの提案を拒否すればいいだけのことで、無暗にあげることはないでしょう。