消費者金融一覧

MENU
0最終更新日 2016.12.1

東京都で一番借りやすい消費者金融はコチラです!

当日の貸付枠が一杯になり次第終了します
即日融資可能

借入件数4件以上、借入件数5件以上、借入件数6件以上、借入件数7件以上の多重債務者、ブラック対象者・・・

総量規制対象外

安全かつ確実にキャッシングをする方法は、第一に審査基準の甘い消費者金融を選ぶことです。大手銀行系は金利が低いのでお得ですが、なにぶん審査が厳しいのでお奨め出来ません。

 

狙い目は闇金ではない中小中堅のキャッシングローン会社です。大手ほど金利は低くありませんが、審査がやさしいので借入件数が4件以上あっても審査に通る確率は高いです。

 

無審査でお金を借りる方法などと広告を打っている業者は怪しいです。おそらく保有するクレジットカードを現金化させようとするでしょう。そのようなヤミ金融に手を出してはいけません。

低所得者のローンから問題が広がったのには理由があります。金融機関が消費者をカモとして狙ったのです。そこには大きな世界経済の動きが関係しており、世界経済と世界の債券・株式の歴史を調べると、1982年が大きな転換点だったことが明白です。この年に日本と米国は株式市場が歴史的な大底をつけ、そこから世界の株式市場は約20年間の上昇相場を形成したのです。金利は、石油危機後のハイパー・インフレによる20%近い高金利ピークを81年の秋につけた後は、長期的な低下トレンドを辿っています。金利の低下は資本家の活動コストを劇的に引き下げ、株式に大きなプラスをもたらしました。その反面、債券投資を行う環境は徐々に悪化し、債権の利息は時間が経過するだけで得られます。しかし、金利が低下していく環境下、高い利息を享受しようとする債券投資家は、新しい手法を求めて試行錯誤せざるを得なくなったのです。

 

まずは、保有期間の販売損益を加味したトレーディング収益の割合を引き上げる戦略を採用。そして、仕組み債権などで高い利息配当金を得られるように、実質的には売買損益である利益を会計的に利息配当金に振り替える手法を採用しました。後者は、振り替えプロセスの手数料を証券会社に支払う必要があるので、粗利益は減少するのだが、それでも需要は旺盛だったのです。

 

物事に絶対は有り得ませんが、絶対お金が必要な時に確実にキャッシングが出来るカードを保有しておいて損はありません。一番審査の甘いクレジットカードは楽天カードなどがそうです。楽天会員になってポイントを貯めて実績を作っておくと、審査に通りやすいと言われています。

 

とは言っても決して借りすぎはいけません。借金は借金ですし、金利もかかってきます。必要最小限の借入にしましょう。

 

どうして審査が甘いのか?

 

大手銀行系消費者金融に対抗するには、どうしても審査をやさしくせざるを得ないのが実情

お金

2012年に施行された金融改正(総量規制)によって、年収の三分の一以上の借金がある方や専業主婦への融資が困難になりました。多重債務者やブラック対象者への新規借入は事実上閉ざされたといって言いでしょう。

 

クレジットカード

東京都や横浜市などは全国屈指の消費者が集まるところですので、金融会社の数も日本一です。いわば競争の最も激しい地域なのです。

 

0

大手のキャッシング会社の一覧などはいちいち調べなくても分かります。名もしれない中小や審査が甘い消費者金融の一覧表こそが誰しも知りたい項目ではないでしょうか。

 

東京23区

一昔は窓口審査が主流でしたが、今ではネットの普及でインターネット上でお金の借入審査が可能です。全国24時間申し込みが出来て、当日の14時までに申し込めば即日融資もokです。

 

0

ローンの種類は、多重債務を一本化する「おまとめローン」、不動産を担保に借入する「不動産担保ローン」、一切担保のない「無担保ローン」などがあります。目的を自由に使える「フリーローン」が一般的です。この中ではおまとめローンが総量規制の対象外とされています。

 

サラ金

基本的に、お金が無い時に他人に借りるのが借金の定義です。その借金によって、今ある現状がよりより方向に向いていくのが「良い借金」といっていいでしょう。逆に、一番悪い借金とは、借金を返済するために新たに借入をする借金です。これを繰り返していると、ますます借金が膨らんでしまって、最終的には二進も三進もいかなくなります。

 

0

デフレになると、所得が一部富裕層の貯蓄として蓄積するばかりで消費に回らなくなります。ある程度のインフレ状態(物価の上昇)をもたらすことで、「貯金がインフレで目減りする前に使ってしまおう」という行動を喚起しようとするものです。しかし、生産年齢人口減少で構造的な供給過剰という現象が続いている日本において、難しいことかと思います。

 

 

 

主な消費者金融の審査基準

金融会社の審査で重要なことは、「現在の収入」「現在の借金」「過去の借金の履歴」につきます。

 

 

 

1. 現在の収入
現在、定職に就いて一定の収入がある人でないとキャッシングは出来ません。「無審査キャッシング」「審査なし」などと偽った広告をために目にしますが、これはクレジットカードの商品枠を使った現金化でしょう。
お金を借りる際には必ず審査があります。アルバイトやパートでも審査に通りますが、貸付限度額は低く(10万円以下)に抑えられるでしょう。

 

2.現在の借金
前述しましたが、総量規制によって借金の額が年収の三分の一以上ある方は、新規の借入が出来ません。また、借入件数が3件以上あるような多重債務者も難しいでしょう。特に大手銀行系の金融会社は審査が厳しいです。
どうしても借りたいと思うなら、借入件数が7件以上でも審査に通る街キン(闇金融)を探すことです。

 

3.過去の借金履歴
もしも過去5年以内の間に消費者金融の借入に対して、自己破産などの債務整理をされた方は、信用情報センターのブラックリストに載っている可能性が高いので、審査で落とされてしまいます。
ブラックリストは通常5年〜7年程度で抹消されますので、この間は大人しくしておくことです。

 

厚生労働省通達より一部抜粋

 

価格競争に悩む企業が自分の長期的な生き残りのために、自助努力によって、消費性向が高い子育て世代にお金を回し内需を拡大すべきでしょう。もちろん税収低下に悩む公共部門にも、同じような努力をすることは求められます。税金を払っているのは主に現役世代の若者です。彼ら若い世代にはたとえ大企業の社員であっても金銭的な余裕はありませんから、手取りが増えた分は使ってくれますし、休みが増えた分は消費活動にも回してくれます。

 

若者を安い給料で使うことで、日本の消費者の使えるお金がどんどん減っていき、巡り巡ってあなたの売上も減っていくのです。。もし日本の企業がどれも近視眼で足元の利益を極大化することしか考えていないのであれば、こんなに皆がお金をかけて、ここまで環境に配慮した企業活動をしているはずはありません。